2017年度7月 第2回定例会

2017年度7月 第2回定例会

国際NGO ベトナムタイニン省の地域リハビリテーションを支援する会

2017年度7月 第2回定例会

日時:2017年7月8日(土) 午後5時~ 
場所:京都民医連中央病院 5階リハビリテーション室
出席:浅井 長岡 木谷 松本ひ 東 河野 大城 TV参加桑原

1・報告事項

参加者 現在までの確認
費用 共通経費について 西村さんから
他 

2・詳細と協議事項

■1・17年度 タイニン訪問活動について
期間
7月30日(日)出発~8月5日(土)関空着 

実質
7月31日(月)~8月4日(金) 午前中よりホーチミンへ出発予定         

目的:
•タイニン省などで昨年から活動されているアン・チ―さんたちの活動(VNAH)に参加する 施設内授業に参加・新規地域の障害者宅への訪問診察など活動に加わって今後の活動内容を協議していく
•施設内スタッフの変化 特にADLに則したリハへのアプローチは障がい者地域へ出向いているか確認したい 
•行事の取り組みを継続 施設内地域とも 施設地域で障害者の参加の促し
•評価 治療 カンファレンス 症例数を少なくしてじっくりと
•CBRワーカーさんの位置づけ。前半の訪問を踏まえて懇談会を検討。


※6月9日アン・チーさんからの情報 6月9日スカイプ会議にて話した内容について確認と その後の変更点や詳細など 現在まで授業の中身や診察の日程など返事が無い状態

日程の詳細 全体表参照
別紙: 訪問班
地域行事 8月1日午前に実施
再訪問は前半2日間に
アン・チーさんらの新規訪問後半に 診察は8月3日午前までに行う必要ある

施設班
行事 8月3日午後 並行して全体総括会議
子どもチームと大人チームで分ける カンファレンス重視する
施設内スタッフの評価や問題点・困ってる事・保護者の思いなど具体化する
ADL重視
ST 講義を設定する小田STが担当する 日程と参加者振り分けVNAHの授業との調整必要 

別紙 河野

学生さんにはチームをあれこれ経験 行事に積極的に参加
VNAHの授業に参加 松本瞳OT
行事の参加者を出来るだけ多くの入院患者に呼びかける
地域での行事も同様に在宅で引きこもりがちになっている家族へ働きかける
ワーカーさんとの共同を継続させる
総括: 今後の具体的な方向 確認とあれこれ

■役割分担
事務局:大城・河野・西村・松本瞳・尾崎 松本仁
運営 会計 学生担当 VNAHとの会議運営 現地とのやり取りなど 

■他
現地へのお土産 4か所 (平和村 シーDr 人民委員会 VNAH) 東さんに依頼
訪問宅へのお土産 衣服よりタオルや石鹸 子ども向け玩具・文房具とする

■尾崎先生のお母さんからの寄付について
共通経費を 学生一人 1万円・他 3万円とする 不足分には寄付を当てる方向で確認した 残った費用は次年度への繰り越しとする。